PR

金沢大学に受かるにはどうすればいい?金沢大学専門塾KANA-PASS成功の道を切り開く活用法!

大学受験
この記事は約12分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
広告

金沢受験での問題点

金沢大学に合格するための鍵は、効果的な学習方法と専門塾の活用にあります。金沢大学は独自の試験スタイルと高い学術レベルで知られています。そのため、普通の勉強方法ではなかなか成果が出にくいのが現実です。

多くの受験生やその親御さんが抱える問題は、どのようにして金沢大学の試験に合わせた勉強をすればよいか、という点です。特に、現在塾に通っていても成績が伸び悩んでいる、または塾選びに迷っている受験生にとって、この問題は切実です。

金沢大学の合格に必要なのは、学力だけでなく、試験対策や時間管理の技術も必要です。ここでの課題は、これらのスキルをどのように身につけるかです。

金沢大学専門の塾を活用することが効果的です。これらの塾は、金沢大学の入試に特化したカリキュラムを提供し、学力向上だけでなく、試験戦略や時間管理の技術も教えてくれます。

金沢大学専門塾KANA-PASSをおすすめする理由

金沢大学専門塾KANA-PASSを利用した生徒の合格率が、一般の塾や独学に比べて高いことが多くの事例で示されています。これは、専門塾のカリキュラムや指導法が、金沢大学の入試に最適化されているためです。

まずは金沢大学専門塾KANA-PASSの公式サイトにアクセスし、無料の体験授業やカウンセリングを受けてみることをおすすめします。そこで、塾の指導方針やカリキュラムを理解し、自分に合った塾を選ぶことが大切です。

金沢大学専門塾KANA-PASSに足を運び、具体的な合格計画を立て、継続的に努力を重ねることが求められます。金沢大学合格への道は容易ではありませんが、正しい方法と努力で、目標達成は十分可能です。

\無料説明会申し込みはこちら/

鬼管理専門塾の評判・口コミについてはこちら

金沢大学の特色

金沢大学は、教育重視の研究大学であり、地域と世界に開かれた大学です。金沢大学の源流は、1862年に創設された加賀藩彦三種痘所であり、地域と世界の2つの視点を互いに往還させながら、未来の課題を探求し克服する知恵「未来知」により社会貢献を果たすことをビジョンとしています。 金沢大学は、広大なキャンパス、国際化への取り組み、豊富な受験制度、学域/学類制度などの特長を持っています。

金沢大学では、学域学類制による柔軟な学び、金沢大学<グローバル>スタンダード(KUGS)、スーパーグローバル大学創成支援事業、卓越大学院プログラム、融合した専門知と鋭敏な飛躍知を持つ社会変革先導人材育成プログラム、地域の基幹産業を再定義・創新する人材創出プログラム「ENGINE」などの教育プログラムがあります。 金沢大学の在学生やOB/OGのインタビュー動画や教員紹介動画をご確認いただけるページもあります。

参考URL:金沢大学の魅力 | 金沢大学 受験生特設サイト

金沢大学の偏差値は?

金沢大学の偏差値は年度や学部・学科によって異なるため、一概に比較することはできません。ただし、金沢大学は一流の大学として知られており、高い学力を持つ学生が集まっています。偏差値はあくまでも目安であり、入試難易度は年度によって変動するため、参考程度にお考えください。

学部学科偏差値
医薬保健学域医学類65.0
理系一括ー前期57.5
文系一括ー前期57.5
医薬保健学域薬学類57.5
融合学域先導学類52.5
医薬保健学域医薬科学類52.5
医薬保健学域保健学類52.5 ~ 50.0
理工学域地球社会基盤学類52.5
理工学域生命理工学類52.5
理工学域物質化学類52.5
理工学域数物科学類52.5
人間社会学域国際学類52.5
人間社会学域地域創造学類52.5
人間社会学域経済学類52.5
人間社会学域法学類52.5
人間社会学域人文学類52.5
参照元:金沢大学の偏差値 【2024年度最新版】| みんなの大学情報 (minkou.jp)

金沢大学に受かるにはどのくらい勉強すればよい

金沢大学に合格するために必要な受験勉強時間は、一般的に2000〜3000時間が目安とされています。具体的には、共通テスト7科目、二次試験(個別学力試験)2科目を想定した場合、2500時間が学習時間の目安です。

参照URL:金沢大学|受験対策|オーダーメイドの合格対策カリキュラム

金沢大学受かりやすい学部、受かりにくい学部

受かりやすい学部

  1. 融合学域, 先導学類(偏差値 52.5)
  2. 医薬保健学域, 医薬科学類(偏差値 52.5)
  3. 理工学域, 地球社会基盤学類/生命理工学類/物質化学類/数物科学類(偏差値 52.5)

受かりにくい学部

  1. 医薬保健学域, 医学類(偏差値 65.0)
  2. 理系一括ー前期(偏差値 57.5)
  3. 文系一括ー前期(偏差値 57.5)

実際の大学入試の難易度は、その大学の特定の入試制度や、受験生の質、受験生の数など、さまざまな要素によって左右されます。また、偏差値は毎年変動する可能性があるため、最新の情報を確認することをお勧めします。

金沢大学の学費

区分検定料(円)入学料(円)授業料(円)
学域17,000
(再入学、転入学、編入学に係るもの:30,000)
282,000年額 535,800
研究生9,80084,600月額 29,700
科目等履修生9,80028,2001単位 14,800
特別聴講学生1単位 14,800

学費は、年度によって変更される可能性あります。詳細は金沢大学の公式サイトを確認することをおすすめします。

金沢大学の学費はこちら

金沢大学奨学金・各種給付・貸付等についてはこちら

金沢大学専門塾KANA-PASS3つの特徴

金沢大学最短で合格できる鬼カリキュラム

金沢大学最短で合格できる鬼カリキュラム
金沢大学最短で合格できる鬼カリキュラム
今何をすれば金沢大学へ合格するのかわかる

金沢大学合格へ向けて365日鬼管理

予備校生の7倍速い速度で勉強ができる

金沢大学の為に週7回/月28回の問題発見ミーティング

そのおかげで合格しました
そのおかげで合格しました

金沢大学専門塾KANA-PASSの指導の流れ

金沢大学専門塾KANA-PASSでは、以下のような独自の指導プロセスがあります。これは、生徒の学力向上と大学合格を目指すためのシステムです。

毎日の宿題・課題のチェック

  • 生徒が前日に行った宿題や課題を毎日チェックし、習慣化します。

毎週の「鬼管理テスト」

生徒が学んだ内容を本当に理解しているかを確かめるために、毎週厳しいテストを行います。これにより、ただ暗記するのではなく、理解しているかをチェックすることができます。

問題発見ミーティング

テスト結果を基に、どこが問題点かを見つけるためのミーティングを行います。ここで生徒の苦手な部分や誤解している内容を特定します。

質疑応答・指導

生徒が疑問に思っている点に対して答えたり、理解できていない部分を丁寧に教える時間を設けます。

新しい課題の提示

生徒が次に進むべき学習内容や目標を明確にし、進捗に合わせて新しい課題を提示します。

授業しなくて本当に成績が伸びるのか?

金沢大学専門塾KANA-PASSでは、授業を受けるよりも自己学習の習慣を重視し、生徒自身が能動的に学習に取り組むことで、より深い理解と実践的なスキルが身につくというアプローチを取っていることを示しています。毎日の課題とテスト、個々の問題点に対応するフォローによって、実際の成績向上へと結びつけているのです。

金沢大学専門塾KANA-PASSと他の塾との比較

金沢大学専門塾KANA-PASSと他の塾の比較は以下のとおりです。

合格保証制度/全額保証制度

もしも、金沢大学専門塾KANA-PASSを受講して金沢大学に合格しなかった場合、参考書代・授業料を全額返金する制度があります。

つまり

入会から退会までの月謝代・教科書代をすべて返金する制度です。

但し、条件があります。

❶毎回のテストに合格(1回の猶予あり)


❷受験期間において9校以上の大学/学部を受験(同じ大学でも複数学部出願で可)

❸特別な事情を除く欠席行為がないこと


❹受験年度始めに、3教科以上の受講で開始をし受験終了年度まで継続をすること
例:高校3年生4月1日・既卒4月1日~次年度2月まで


❺入試を受ける年度の4月末日までに入会すること
例:2020年度入試であれば2019年度4月30日までに入会をすること


❻一般入試・個別学部入試であること(共通テスト利用入試・全学部入試・総合型選抜の受験は対象外)


❼試験年の2月まで受講を継続すること
例:2020年度入試であれば2020年度2月までに指導を継続すること

➑受験をした大学の合否が全て不合格だった場合に合格保証制度が適用できること

❾受験番号を受験校分だけ試験前に運営に提出すること

➓弊社指定の「勉強報告フォーム」を入会から入試開始日まで提出をすること

※詳しくは入会時に入会規約を確認。

金沢大学専門塾KANA-PASSのコース

コース                内容
1教科特訓コース  1週間に1回1教科50分の指導を行うコースです。
1教科を1週間に1回、50分で指導するので、1教科当たりに対して指導する密度が高く、苦手教科を克服したい受験生にオススメのコースです。
2教科特訓コース  1週間に1回1教科50分の指導を×2回行うコースです。
合計100分の指導を1週間に受講することが出来ます。2教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
3教科特訓コース  1週間に1回1教科50分の指導を×3回行うコースです。
合計150分の指導を1週間に受講することが出来ます。3教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
4教科特訓コース  1週間に1回1教科50分の指導を×4回行うコースです。
合計200分の指導を1週間に受講することが出来ます。4教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
5教科特訓コース 1週間に1回1教科50分の指導を×5回行うコースです。
合計250分の指導を1週間に受講することが出来ます。5教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい、国立を目指す受験生にオススメです。
6教科特訓コース 1週間に1回1教科50分の指導を×6回行うコースです。
合計300分の指導を1週間に受講することが出来ます。6教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい国立を目指す受験生にオススメです。
鬼ヶ島コース1週間に1回、1教科50分の指導を×7回行うコースです。
■本当に勉強が自分で出来ない方
■国立対策がしたい方
■とにかく自分を律したい方

そのような受験生に利用をしてほしいコースとなります。
※ほぼ毎日指導をすることになりますので「覚悟」のある方だけご受講ください。
2023年6月時点でのコース内容

金沢大学専門塾KANA-PASSの受講料

1教科特訓2教科特訓3教科特訓
費用39,800円69,800円89,400円
時間50分×4回50分×8回50分×12回
回数月4回指導
(週1回)
月8回指導
(各科目週1回)
月12回指導
(各科目週1回)
講師1人2人3人
合格保証対象外対象外対象内
全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。2023年6月時点での金額
早稲田大学専門塾WASE-PASS・慶應義塾大学専門塾KEI-PASS・明治大学専門塾MEI-PASS・青山学院大学専門塾AO-PASS・立教大学専門塾RIKYO-PASS・中央大学専門塾CHU-PASS・法政大学専門塾HO-PASS・学習院大学専門塾GAKU-PASS・関西大学専門塾KAN-PASS・関西学院大学専門塾KWAN-PASS・同志社大学専門塾DO-PASS・立命館大学専門塾RITS-PASS 全て同じ料金/費用になります。
4教科特訓5教科特訓6教科特訓
費用119,200円要お問い合わせ要お問い合わせ
時間50分×16回50分×20回50分×24回
回数月16回指導
(各科目週1回)
月20回指導
(各科目週1回)
月24回指導
(各科目週1回)
講師4人5人6人
合格保証対象内対象内対象内
全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。2023年6月時点での金額
早稲田大学専門塾WASE-PASS・慶應義塾大学専門塾KEI-PASS・明治大学専門塾MEI-PASS・青山学院大学専門塾AO-PASS・立教大学専門塾RIKYO-PASS・中央大学専門塾CHU-PASS・法政大学専門塾HO-PASS・学習院大学専門塾GAKU-PASS・関西大学専門塾KAN-PASS・関西学院大学専門塾KWAN-PASS・同志社大学専門塾DO-PASS・立命館大学専門塾RITS-PASS 全て同じ料金/費用になります。
鬼ヶ島コース
費用要お問い合わせ
時間50分×28回
回数月28回指導
(各科目週1回)
講師7人
合格保証対象内
全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。2023年6月時点での金額
早稲田大学専門塾WASE-PASS・慶應義塾大学専門塾KEI-PASS・明治大学専門塾MEI-PASS・青山学院大学専門塾AO-PASS・立教大学専門塾RIKYO-PASS・中央大学専門塾CHU-PASS・法政大学専門塾HO-PASS・学習院大学専門塾GAKU-PASS・関西大学専門塾KAN-PASS・関西学院大学専門塾KWAN-PASS・同志社大学専門塾DO-PASS・立命館大学専門塾RITS-PASS 全て同じ料金/費用になります。
\無料説明会申し込みはこちら/

合格者の声

合格者の声を公式サイトから抜粋しています。

金沢大学専門塾KANA-PASSの評判・口コミ

鬼管理専門塾の評判・口コミについてはこちら

まとめ

まとめ

まだ塾選択に迷っている受験生や保護者の方へ、志望校専門塾を選択肢の一つに入れてみることをおすすめします。鬼管理専門塾は、大学への合格率が高いことが特徴です。

無料説明会を受けることで、塾の雰囲気や授業内容を実際に体験できます。入会前に説明会を受けることで、後悔をしないようにすることができます。

私の娘は今年、不登校から私立大学に合格しました。鬼管理専門塾も考えてみました。ただ、志望大学がなかったため諦めました。大学へ進学する第一歩は、塾のシステムを知ることだと思います。無料相談が出来るので、迷っていたらまずは説明を聞くことではないでしょうか?

高校3年生は今年が正念場です。早めに塾の説明を聞くことをおすすめします。また、最寄りの塾や予備校と比較して、お子さんと相談しながら選ぶことをおすすめします。

申し込みの流れ

LINEで無料相談の申し込みなのでLINE登録を行います。

\無料説明会申し込みはこちら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました