PR

不登校生徒必見!早稲田大学に受かる為の専門塾は【早稲田大学専門塾WASE-PASS】がおすすめ!

大学受験
この記事は約16分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
広告

早稲田大学受験の問題点

不登校生徒は、学校を休むことで友達との交流や授業を受ける機会が減ります。この状況は、学ぶことへの不安や孤独感を増やす原因になります。そして、これらの感情が積み重なると、大学受験への意欲が低下し、自信を失うことにつながることがあります。このように、不登校の影響は学習面での困難だけでなく、心理的な側面にも及びます。

不登校生徒は、学校を休むことで授業や友達とのやりとりが少なくなり、学習に対する不安や孤独感を強く感じることがあります。この状態が続くと、大学受験への意欲が落ち、自信を失いがちです。学業の問題だけでなく、心の問題も大きく影響します。

早稲田大学専門塾WASE-PASSをおすすめする理由

早稲田大学専門塾WASE-PASSは、不登校の生徒向けに特別なカリキュラムを用意しています。この塾では、各生徒の状況に合わせた個別の学習計画を立て、心理的な支援も提供します。さらに、早稲田大学受験に特化した教材と指導法を使って、生徒の個々のニーズに対応しています。このように、WASE-PASSは生徒一人一人の特性を考慮した教育を行っています。

実際に早稲田大学専門塾WASE-PASSを使った不登校の生徒たちの中には、早稲田大学に合格して人生が大きく変わった人がたくさんいます。この塾を通じて、彼らは大学合格という大きな目標を達成しました。これらの成功事例は、WASE-PASSの教育がいかに効果的であるかを示しています。生徒たちの変化と成果を見ることで、この専門塾の価値が理解できます。

早稲田大学専門塾WASE-PASSに参加するための手順は簡単です。まず、塾への登録を行い、その後初回の無料相談を受けることができます。この相談では、学習計画や塾のシステムについての無料相談を受けられます。これらのステップを踏むことで、WASE-PASSの学習システムを十分に活用し、早稲田大学への受験準備を始めることができます。

ぜひ、早稲田大学専門塾WASE-PASSの公式サイトを訪れて、無料相談の予約をすることをお勧めします。また、さらに質問があれば、直接塾に問い合わせて情報を得ることもできます。これらの行動を通じて、早稲田大学受験に向けた準備を始めることができます。

こんな方におすすめ
  1. 学校へ行っていないから、大学は無理かな?
  2. 出来れば志望校専門の塾がないかなぁ
  3. 塾に志望校専門のプロフェッショナルがいたらなぁ
  4. どうしても志望校に合格したいなぁ
\まずは無料説明会・資料請求を申し込んでみましょう/

早稲田大学の特色

早稲田大学は、自由な学問分野、多様な学生、充実した学生生活が魅力の一つです。また、政治経済学部や法学部、国際教養学部や社会学部などの文系学部のほか、先進理工学部などの理工系学部、スポーツ科学部といった多種多様な学部があります。さらに、大学院にはトップクラスの規模を誇る研究科があります。

早稲田大学の人気は?

早稲田大学は、国内の私立大学ではトップクラスの偏差値を誇り、受験でも非常に人気が高く評判の良い大学となっています。倍率も非常に高く平均で約6倍、教育学部などの一部の学部では10倍もの競争率となっています。また、早稲田大学は多様な学問分野を持ち、文系学部や理工系学部、スポーツ科学部といった多種多様な学部があります。

早稲田大学の偏差値は?

学部学科偏差値
国際教養学部国際教養学科70.0
政治経済学部経済学科70.0
先進理工学部生命医科学科67.5
先進理工学部化学・生命化学科67.5
文化構想学部文化構想学科67.5
文学部文学科67.5
社会科学部社会科学科67.5
商学部67.5
政治経済学部国際政治経済学科67.5
政治経済学部政治学科67.5
法学部67.5
人間科学部人間情報科学科65.0
人間科学部人間環境科学科65.0
先進理工学部電気・情報生命工学科65.0
先進理工学部応用化学科65.0
先進理工学部応用物理学科65.0
先進理工学部物理学科65.0
創造理工学部社会環境工学科65.0
創造理工学部経営システム工学科65.0
創造理工学部建築学科65.0
基幹理工学部学系Ⅲ65.0
基幹理工学部学系Ⅱ65.0
教育学部理学科65.0 ~ 62.5
教育学部社会科65.0
教育学部英語英文学科65.0
教育学部教育学科65.0
人間科学部健康福祉科学科62.5
創造理工学部環境資源工学科62.5
創造理工学部総合機械工学科62.5
教育学部複合文化学科62.5
教育学部数学科62.5
教育学部国語国文学科62.5
参照元:早稲田大学の偏差値 【2024年度最新版】| みんなの大学情報 (minkou.jp)

早稲田大学に受かりやすい学科・受かりにくい学科

受かりやすい学科ベスト3と受かりにくい学科ベスト3を選ぶと以下のようになります。

これらの情報はあくまで一般的であり、個々の学生の能力や準備によって大きく変わることがあります。最新の情報を得るためには、公式ウェブサイトや入試情報サイトをご覧いただくことをお勧めします。早稲田大学の入試は競争が激しく、どの学科も一定のレベルの学力と準備が必要です。そのため、自分の強みと興味を考慮に入れて学科を選ぶことが重要です。

受かりやすい学科

  1. 人間科学部 健康福祉科学科 – 偏差値 62.5
  2. 創造理工学部 環境資源工学科 – 偏差値 62.5
  3. 創造理工学部 総合機械工学科 – 偏差値 62.5
  4. 教育学部 複合文化学科 – 偏差値 62.5
  5. 教育学部 数学科 – 偏差値 62.5
  6. 教育学部 国語国文学科 – 偏差値 62.5

受かりにくい学科

  1. 国際教養学部 国際教養学科 – 偏差値 70.0
  2. 政治経済学部 経済学科 – 偏差値 70.0
  3. 先進理工学部 生命医科学科 – 偏差値 67.5
  4. 先進理工学部 化学・生命化学科 – 偏差値 67.5
  5. 文化構想学部 文化構想学科 – 偏差値 67.5
  6. 文学部 文学科 – 偏差値 67.5
  7. 社会科学部 社会科学科 – 偏差値 67.5
  8. 商学部 – 偏差値 67.5
  9. 政治経済学部 国際政治経済学科 – 偏差値 67.5
  10. 政治経済学部 政治学科 – 偏差値 67.5
  11. 法学部 – 偏差値 67.5

早稲田大学の学費

2024(令和6)年度 の学費一覧です。

学部入学金授業料実験実習料学生読書室図書費学会入会金学会年会費学生健康増進互助会費初年度合計金額
政治経済学部200,0001,081,0004,9005002,0001,5003,0001,292,900
法学部200,0001,040,0007005,0002,0003,0003,0001,250,700
教育学部 (教育学科・国語国文学科・社会科・複合文化学科)200,0001,040,0004,300~44,3005005003,0003,0001,248,300~1,288,300
教育学部 (英語英文学科)200,0001,051,00016,6005005003,0003,0001,271,600
教育学部 (理学科・数学科)200,0001,544,0008,050~92,6505005003,0003,0001,756,050~1,840,650
商学部200,0001,051,0008,8008002,0003,0003,0001,265,600
社会科学部200,0001,051,0001,0008001,0001,0003,0001,257,800
国際教養学部200,0001,490,0003,0001,693,000
文化構想学部200,0001,091,0001,0003,0001,295,000
文学部200,0001,091,0001,0003,0001,295,000
基幹理工学部200,0001,584,00060,0003,0001,847,000
創造理工学部200,0001,584,00080,000~98,0003,0001,867,000~1,885,000
先進理工学部200,0001,584,000100,0003,0001,887,000
人間科学部200,0001,465,00027,0003,0001,695,000
スポーツ科学部200,0001,490,00039,0003,0001,736,000

最新の情報を得るためには、公式ウェブサイトや入試情報サイトをご覧いただくことをお勧めします。

早稲田大学の学費はこちら

早稲田大学の奨学金についてはこちら

不登校生が早稲田大学に合格するための効果的な対策

不登校生が早稲田大学に合格するためには、いくつかの効果的な対策を取ることが重要です。不登校の経験がある場合でも、努力と適切な学習方法を取り入れることで目標を達成することが可能です。

学習計画の立て方

まず最初に行うべきは、学習計画の立て方を理解することです。自分の合格したい学部や専攻に合わせて、カリキュラムを整理し、日々の学習スケジュールを決定します。計画を立てる際には、無理のない範囲でスケジュールを組むことが大切です。例えば、週に何時間勉強するかや、何科目を何時に学習するかを決めましょう。

教材選びの重要性

教材選びも合格には欠かせません。不登校生は通常、学校での教科書を使用できないため、自主学習用の教材を選択する必要があります。一般的な参考書や問題集だけでなく、オンラインの講義や動画を活用することもおすすめです。自分に合った理解しやすい教材を見つけることが、学習の効率化に繋がります。

サポートを求める

一人で学習することが難しい場合は、サポートを求めることが大切です。親や家族、友人に理解してもらい、精神的なサポートを受けるだけでなく、専門の家庭教師や学習塾の利用も検討しましょう。周囲のサポートを受けることで、モチベーションの維持や学習への意欲が高まります。

過去問題の解答と模擬試験

早稲田大学の入試は過去問題を解くことが重要です。過去問題を解答することで、出題傾向や重要なポイントを把握し、実際の試験に近い状況で模擬試験を行うことで、本番に向けた対策ができます。また、模擬試験を行うことで試験の時間配分や問題の解答スピードも把握できるため、試験本番での余裕を持って取り組むことができます。

オンライン学習の活用

オンライン学習は不登校生にとって有用なツールです。例えば、駒澤大学のカリキュラムに沿ったオンライン講座や動画授業を活用することで、自宅で効率的に学習できます。また、オンラインでのコミュニティやフォーラムに参加することで、他の受験生と情報交換や学習のモチベーション維持にも役立ちます。

専門塾の受講

早稲田大学受験に特化した専門塾の受講も有益です。専門塾では、不登校生に合わせたカリキュラムや個別指導が提供されます。講師からのアドバイスや質問に対する解答など、受験対策において不登校生をサポートしてくれます。そこで早稲田大学専門塾WASE-PASSを紹介します。

「不登校だから早稲田大学は無理?」いいえ、そんなことはありません!自分のペースで学びながら、確実に合格できる道があります。「早稲田大学専門塾WASE-PASS」が、あなたの強い味方となります。問題に直面している心を代弁し、解決への近道を見つけましょう。

早稲田大学に合格するためのワセパスの3つの特徴

早稲田大学に特化した完全オーダーメードカリキュラム

早稲田大学に特化した完全オーダーメードカリキュラム

早稲田大学合格へ向けて365日鬼管理

早稲田大学合格へ向けて365日鬼管理
早稲田大学合格へ向けて365日鬼管理

最大週4回/月16回の問題発見ミーティング

最大週4回/月16回の問題発見ミーティング

早稲田に強いプロ4人の講師による分析&改善

早稲田に強いプロ4人の講師による分析&改善

プロ4人があなたを徹底指導します。だからあなたを挫折させません。

24時間365日いつでも質問が出来る

早稲田大学専門塾WASE-PASSではいつでも質問が出来ます。

だから、わからないところはすぐに聞いて解決することが出来ます。

プロ4人があなたを徹底指導します。だからあなたを挫折させません。

340本以上の勉強法動画が見放題!

指導時間外でも資料・動画で勉強が出来ます。

だから、他の塾・予備校よりも早稲田大学へ合格できます。

340本以上の勉強法動画が見放題!

合格保証制度/全額保証制度

もしも、早稲田大学専門塾WASE-PASS受講して早稲田大学に合格しなかった場合、参考書代・授業料を全額返金する制度があります。

つまり

入会から退会までの月謝代・教科書代をすべて返金する制度です。

但し、条件があります。

❶毎回のテストに合格(1回の猶予あり)


❷受験期間において9校以上の大学/学部を受験(同じ大学でも複数学部出願で可)

❸特別な事情を除く欠席行為がないこと


❹受験年度始めに、3教科以上の受講で開始をし受験終了年度まで継続をすること
例:高校3年生4月1日・既卒4月1日~次年度2月まで


❺入試を受ける年度の4月末日までに入会すること
例:2020年度入試であれば2019年度4月30日までに入会をすること


❻一般入試・個別学部入試であること(共通テスト利用入試・全学部入試・総合型選抜の受験は対象外)


❼試験年の2月まで受講を継続すること
例:2020年度入試であれば2020年度2月までに指導を継続すること

➑受験をした大学の合否が全て不合格だった場合に合格保証制度が適用できること

❾受験番号を受験校分だけ試験前に運営に提出すること

➓弊社指定の「勉強報告フォーム」を入会から入試開始日まで提出をすること

※詳しくは入会時に入会規約を確認。

早稲田大学専門塾WASE-PASSの実績

早稲田大学専門塾WASE-PASSの実績
早稲田大学専門塾WASE-PASSの実績

早稲田大学に合格した受講生のインタビュー

早稲田大学専門塾WASE-PASSのコース

コース                内容
1教科特訓コース  1週間に1回1教科50分の指導を行うコースです。
1教科を1週間に1回、50分で指導するので、1教科当たりに対して指導する密度が高く、苦手教科を克服したい受験生にオススメのコースです。
2教科特訓コース  1週間に1回1教科50分の指導を×2回行うコースです。
合計100分の指導を1週間に受講することが出来ます。2教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
3教科特訓コース  1週間に1回1教科50分の指導を×3回行うコースです。
合計150分の指導を1週間に受講することが出来ます。3教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
4教科特訓コース  1週間に1回1教科50分の指導を×4回行うコースです。
合計200分の指導を1週間に受講することが出来ます。4教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい受験生にオススメです。
5教科特訓コース 1週間に1回1教科50分の指導を×5回行うコースです。
合計250分の指導を1週間に受講することが出来ます。5教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい、国立を目指す受験生にオススメです。
6教科特訓コース 1週間に1回1教科50分の指導を×6回行うコースです。
合計300分の指導を1週間に受講することが出来ます。6教科を得意にしたい、苦手科目を克服したい国立を目指す受験生にオススメです。
鬼ヶ島コース1週間に1回、1教科50分の指導を×7回行うコースです。
■本当に勉強が自分で出来ない方
■国立対策がしたい方
■とにかく自分を律したい方

そのような受験生に利用をしてほしいコースとなります。
※ほぼ毎日指導をすることになりますので「覚悟」のある方だけご受講ください。
2023年6月時点でのコース内容


早稲田大学専門塾WASE-PASSの受講料(料金)

1教科特訓2教科特訓3教科特訓
費用36,800円69,600円98,400円
時間50分×4回50分×8回50分×12回
回数月4回指導
(週1回)
月8回指導
(各科目週1回)
月12回指導
(各科目週1回)
講師1人2人3人
合格保証対象外対象外対象内
全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。2024年5月時点での金額
※毎月の学習サポート料に2,480円が別途料金。
早稲田大学専門塾WASE-PASS・慶應義塾大学専門塾KEI-PASS・明治大学専門塾MEI-PASS・青山学院大学専門塾AO-PASS・立教大学専門塾RIKYO-PASS・中央大学専門塾CHU-PASS・法政大学専門塾HO-PASS・学習院大学専門塾GAKU-PASS・関西大学専門塾KAN-PASS・関西学院大学専門塾KWAN-PASS・同志社大学専門塾DO-PASS・立命館大学専門塾RITS-PASS 全て同じ料金/費用になります。
4教科特訓5教科特訓6教科特訓
費用128,000円要お問い合わせ要お問い合わせ
時間50分×16回50分×20回50分×24回
回数月16回指導
(各科目週1回)
月20回指導
(各科目週1回)
月24回指導
(各科目週1回)
講師4人5人6人
合格保証対象内対象内対象内
全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。2024年5月時点での金額
※毎月の学習サポート料に2,480円が別途料金。
早稲田大学専門塾WASE-PASS・慶應義塾大学専門塾KEI-PASS・明治大学専門塾MEI-PASS・青山学院大学専門塾AO-PASS・立教大学専門塾RIKYO-PASS・中央大学専門塾CHU-PASS・法政大学専門塾HO-PASS・学習院大学専門塾GAKU-PASS・関西大学専門塾KAN-PASS・関西学院大学専門塾KWAN-PASS・同志社大学専門塾DO-PASS・立命館大学専門塾RITS-PASS 全て同じ料金/費用になります。
鬼ヶ島コース
費用要お問い合わせ
時間50分×28回
回数月28回指導
(各科目週1回)
講師7人
合格保証対象内
全て税込み
※入会金:50,000円
※1カ月の料金/費用です。2024年5月時点での金額
※毎月の学習サポート料に2,480円が別途料金。
早稲田大学専門塾WASE-PASS・慶應義塾大学専門塾KEI-PASS・明治大学専門塾MEI-PASS・青山学院大学専門塾AO-PASS・立教大学専門塾RIKYO-PASS・中央大学専門塾CHU-PASS・法政大学専門塾HO-PASS・学習院大学専門塾GAKU-PASS・関西大学専門塾KAN-PASS・関西学院大学専門塾KWAN-PASS・同志社大学専門塾DO-PASS・立命館大学専門塾RITS-PASS 全て同じ料金/費用になります。
\まずは無料説明会・資料請求を申し込んでみましょう/

早稲田大学専門塾WASE-PASSと他の塾との比較

一般塾の受講費(参考)

公立高校平均塾費用私立高校平均塾費用
費用(年間)106,884円129,313円
高校生が年間塾に掛かる費用(数字は文部科学省平成30年度子供の学習費調査抜粋)

一般の塾と比べてはるかに高いと思います。どうしても早稲田大学に入学したいと真剣に考えている受験生には費用負担はかかりますが、合格率が高いのでおすすめです。

ワセパスは他の塾や予備校に比べて徹底的に早稲田大学合格へ向けて指導します。

まとめ

まとめ

まだ塾選択に迷っている受験生や保護者の方へ、志望校専門塾を選択肢の一つに入れてみることをおすすめします。鬼管理専門塾は、大学への合格率が高いことが特徴です。

無料説明会を受けることで、塾の雰囲気や授業内容を実際に体験できます。入会前に説明会を受けることで、後悔をしないようにすることができます。

私の娘は今年、不登校から私立大学に合格しました。鬼管理専門塾も考えてみました。ただ、志望大学がなかったため諦めました。大学へ進学する第一歩は、塾のシステムを知ることだと思います。無料相談が出来るので、迷っていたらまずは説明を聞くことではないでしょうか?

高校3年生は今年が正念場です。早めに塾の説明を聞くことをおすすめします。また、最寄りの塾や予備校と比較して、お子さんと相談しながら選ぶことをおすすめします。

早稲田大学専門塾WASE-PASSへの申し込みの流れ

LINEで無料体験の申し込みなのでLINE登録を行います。

まずは、相談するのも一つの選択だと思います。

\まずは無料説明会・資料請求を申し込んでみましょう/

コメント

\まずは無料説明会・資料請求を申し込んでみましょう/
無料説明会参加はこちら
\まずは無料説明会・資料請求を申し込んでみましょう/
無料説明会参加はこちら
タイトルとURLをコピーしました