PR

鹿島学園高等学校の口コミ分析!魅力と課題を徹底解説!

鹿島学園高等学校の口コミ分析!魅力と課題を徹底解説! 通信制高校
この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

鹿島学園高等学校の通信制は、多様な学び方が可能で、生徒一人ひとりのニーズに応じた教育を提供しています。「スイスイ高卒資格、イキイキ未来発見」というスローガンのもと、自分らしい学び方を選ぶことができるのが特徴です。以下、具体的な特徴をご紹介します。

広告

鹿島学園高等学校(通信制)の口コミ

鹿島学園高等学校(通信制)の口コミを以下の通りにまとめてみました。

総合評価

  • 満足度: 多くの生徒が「通って良かった」と評価。親切な先生方のおかげで通いやすい。
  • サポート体制: 生徒一人ひとりに親身に対応。不登校の生徒や保護者も安心。

授業内容・コース

  • 授業の質: シンプルだが、塾の講師も務める先生が多く、分かりやすい指導が受けられる。
  • 自己管理力: 自己管理が重要だが、サポートが充実しているため安心。

高卒資格の取りやすさ

  • 卒業のしやすさ: 自己管理次第で卒業は容易。サポートが手厚いが、留年する生徒も少なくない。

スクーリング

  • スケジュールの自由度: 自由なスケジュールで、先生と相談して決めることも可能。年に数回のスクーリングで負担が少ない。

サポート体制

  • 手厚いサポート: 学校側がスケジュールを組み、必要なサポートを提供。わかりやすく指導してくれる。

先生の親しみやすさ

  • 親しみやすい先生: 先生方は親しみやすく、質問しやすい環境。見学して自分に合うか確認すると良い。

進路実績

  • 進学・就職: 努力次第でどこへでも進学可能。資格取得や進学に向いたコースがあり、進路実績は良好。

友人関係やいじめ

  • 友人関係: 友人を作りやすい環境。いじめはほとんど聞かない。特別活動で友人ができやすい。

学費

  • 費用: 他の私立校に比べて安め。奨学金や就学支援金でさらに安くなる場合あり。サポートや特別活動が充実しているため、費用に対する不満は少ない。

参考URL:鹿島学園高等学校の口コミ・評判|口コミ・ランキングで比較・資料請求【みん通】

通信制高校選ぶのにおすすめサイト

高校を選ぶには複数の高校を資料請求して比較することをおすすめします。

以下のサイトは無料で複数資料請求できます。迷ったらまずは、資料請求!

通信制比較 お客様満足度NO.1
ズバット通信制高校比較

全国にある通信制高校・サポート校を簡単に検索できるサイト
ウェルカム通信制高校ナビ

学費や学べることで選んで 通信制高校とサポート校へ無料資料請求
【通信制高校資料GET】

通信制高校の学校パンフレットが「無料」で「カンタン資料請求」
高校卒業資格が取得できる通信制高校&サポート校!まずは一括資料請求!

通信制高校・サポート校の検索、資料請求。通信制高校データバンク!

通信制高校を探すなら「通信制高校があるじゃん!」

鹿島学園高等学校(通信制)はどんな学校?

鹿島学園高等学校(通信制)はどんな学校?

鹿島通信教育グループ全体で、日本各地に300ヵ所以上の学習支援施設があります。以下の地域で学ぶことができます。

  • 首都圏
  • 北海道
  • 東北
  • 甲信越
  • 東海
  • 近畿
  • 中国
  • 九州
  • 沖縄
  • インターネット学習も可能

学習スタイルを選べる

生徒のライフスタイルに合わせて、以下の学習スタイルが選べます。

  • 週2日~5日制
  • 週1日制
  • 自宅学習制
  • 個人指導制
  • 家庭教師制
  • ネット指導制
  • 全寮制

オプションコースを選べる

興味や将来の進路に応じたオプションコースが豊富です。以下のコースから選択できます。

  • 大学進学コース
  • アニメ・マンガ・ゲームコース
  • ダンス・芸能・声優コース
  • 音楽コース
  • スポーツコース
  • ファッション・デザイン・アートコース
  • ネイル・メイク・美容コース
  • eスポーツコース
  • ペットコース
  • 製菓・製パンコース
  • ITコース
  • スキルアップコース
  • 保育・福祉コース
  • 海外留学コース

学習スタイルの選択肢

学習スタイルの選択肢

鹿島学園高等学校では、自分にぴったりの学び方を選ぶことができます。

学習スタイル

週2日~5日制

  • 特徴: 週に2日~5日通学
  • 対象: 学習に集中したい、生活リズムを整えたい、高校生活を楽しみたい人におすすめ

週1日制

  • 特徴: 週に1日通学
  • 対象: サポートを受けながら趣味や好きなことに時間を使いたい、週1日の通学から学校に慣れたい人におすすめ

自宅学習制

  • 特徴: 年間数日のスクーリングのみ、通学不要
  • 対象: 自分のペースで学習したい、働きながら高校卒業を目指したい人におすすめ

個人指導制

  • 特徴: 希望の時間に個人指導
  • 対象: 自分のペースで指導を受けたい、1対1でしっかり学びたい人におすすめ

家庭教師制

  • 特徴: 自宅で講師から指導
  • 対象: 自宅でマンツーマンの指導を受けたい、外出が難しいが直接指導を受けたい人におすすめ

ネット指導制

  • 特徴: ネットを通じて指導
  • 対象: 好きな時間に好きな場所で学習したい人におすすめ

ネット指導センター

  • DSCサイバーハイスクール
  • WEBキャンパス
  • 通学ゼロキャンパス
  • 早稲田ネット学習院
  • LOWコストスクール(提携鹿島学園)
  • AR-Lab -アルラボ-
  • Eラーニングキャンパス
  • 高卒支援Webサポート校
  • bグローバル国際高等学院 ネット指導キャンパス

これらの選択肢を活用して、自分に最適な学習スタイルを選び、充実した高校生活を送りましょう。

鹿島学園高等学校(通信制)の学費

初年度にかかる学費(25単位履修の場合)

項目金額
入学金38,000円
授業料(25単位履修する場合)200,000円(8,000円 × 25単位)
授業料(就学支援金適用後)79,700円([8,000円 – 4,812円] × 25単位)
施設費24,000円
システム管理費・通信費37,000円
日本スポーツ振興センター災害共済掛金252円
合計(就学支援金適用後)178,952円

3年間にかかる学費(74単位履修の場合)

項目金額
授業料(74単位履修する場合)592,000円(8,000円 × 74単位)
授業料(就学支援金適用後)235,912円([8,000円 – 4,812円] × 74単位)
施設費72,000円(24,000円 × 3年分)
システム管理費・通信費111,000円(37,000円 × 3年分)
日本スポーツ振興センター災害共済掛金756円(252円 × 3年分)
合計(就学支援金適用後)419,668円

就学支援金について

就学支援金(高等学校等就学支援金)とは、高校に通う生徒が学校を通して国に申請することで支給される制度です。支給額は以下の通りです。

支給対象年間支給額
1単位あたりの年間支給額4,812円
25単位履修した場合の支給額120,300円
卒業に必要な74単位分の支給額356,088円

※ご家庭の経済状況によっては、支給額が2.5倍(授業料を上限)になる場合があります。条件によって支給されない場合もありますので、詳細は文部科学省のホームページをご確認ください。

その他の費用

  • 別途、教科書代が必要です。
  • 通学コース、オプションコース、学習支援施設の費用、校外学習、修学旅行等を申し込む場合には、別途費用がかかります。
  • 一度納入された学費は、理由の如何を問わず返還されません。
カシマの通信 通信制高校
通信制高校をお探しなら、選べる学習スタイルのカシマの通信へ

まとめ

鹿島学園高等学校の通信制は、生徒それぞれのペースや興味に合わせた学びが可能です。多様な支援施設や学習スタイル、オプションコースを活用して、自分らしい学び方を実現できる環境が整っています。通信制高校を探している親御さんにとって、安心して子どもを任せられる選択肢となると思います。

通信制高校選ぶのにおすすめサイト

無料で複数資料請求できます。迷ったらまずは、資料請求!

通信制比較 お客様満足度NO.1
ズバット通信制高校比較

全国にある通信制高校・サポート校を簡単に検索できるサイト
ウェルカム通信制高校ナビ

学費や学べることで選んで 通信制高校とサポート校へ無料資料請求
【通信制高校資料GET】

通信制高校の学校パンフレットが「無料」で「カンタン資料請求」
高校卒業資格が取得できる通信制高校&サポート校!まずは一括資料請求!

通信制高校・サポート校の検索、資料請求。通信制高校データバンク!

通信制高校を探すなら「通信制高校があるじゃん!」

高校の出席日数が心配な方はこちら

まだ、学校へ通えない方はこちらの選択方法があります。参考にしてください。

自宅でも出来るオンライン学習

オンライン学習塾(学校へ行けなくても自宅で勉強)

オンライン英会話(将来きっと役に立ちます)

オンラインプログラミング(ゲームなどが得意なお子さんにおすすめ)

自宅でも学習は可能です

自宅で私立大学受験勉強を考えている方はこちらをご覧ください。(オンラインで勉強出来ます)

大学受験でAO選抜入試を考えている方はこちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました